業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

屋根葺き替えはどのような手順で行われますか?

親が亡くなってしまい実家を相続することになったのですが、古い建物のため、屋根材の劣化が心配になり屋根葺き替えを頼むことになりました。
しかし、これまでに屋根葺き替えをしたことがなく、どのような手順で工事が行われるのかわからないため心配です。
そこで、屋根葺き替えを業者に依頼するとどのようにして工事が進められるのか教えてください。

回答

既存の屋根材を撤去して下地やシートを貼ってから屋根材を取り付けます


屋根の葺き替えについては経験したことのない人が多くて、どのような手順で行われるのか不安になる人がいるかもしれません。
葺き替えをする際にはまず工事を始める前に近隣に住んでいる人に挨拶をすることが多いです。
葺き替えの工事の際には騒音や粉塵の飛散などが起きてしまい周りの人達に迷惑をかける可能性があります。
それをあらかじめ伝えておくことで近所付き合いに影響を与えないようにできるのです。
工事を始める前にはまずしっかりと足場を組み立てて、万が一事故が起きてしまうのを防ぎます。
その後は既存の屋根材を撤去するという作業が始まります。
たとえば、瓦屋根の場合には瓦をめくると土が出てきて、それらも含めて撤去する必要があるのです。
合計するとかなりの重量となるため、既存の屋根材を撤去するだけでもかなりの重労働となるでしょう。
すべて撤去したあとは下地を張るという段階になり、このときには既存の下地の張替えをします。
長年、ずっと屋根材を支え続けてきたため、かなり傷みが出ていることが多いからです。
ただし、傷みが少ない場合には補修をしたり、新しい下地を重ね張りしたりするケースもあります。
下地の上には防水シートを張るという作業があり、これによって雨漏りするのを防ぐことができます。
住まいの屋根から雨漏りしてしまう場合は防水シートが劣化している可能性が高いです。
葺き替えの工事の際にしっかりと防水シートを敷きつめることによって、建物を守ることができます。
最終的には新しい屋根材の取り付けに取り掛かることになり、キレイに施工をすれば、見た目はまるで新築のような状態となるでしょう。
このような流れで葺き替えの工事を進めてもらうことができ、多くの業者はその後のアフターフォローについても対応してくれます。
定期的に無料でメンテナンスしてくれるところもあるため、事前に確認しておきましょう。
これから屋根の葺き替えを頼むときには上記で説明した手順を意識しておくとよいです。

PageTop