業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

屋根業者に現地調査してもらうときのポイントは?

先日大雨が降って雨漏りが発生しました。
雨が上がるとすぐに雨漏りも止まり、そもそも雨漏りの程度もそれほど酷くはなくて、いろいろ忙しかったこともあり、次に普通に雨が降ったときには雨漏りすることがなかったので、今まで放置していました。
しかし、一度雨漏りがしたということは、少なからず家の中に雨水が浸水してしまったわけで、そうなると構造体である木材にカビが生えていたり、腐りが発生している可能性もあるので、大事に至らない前に雨漏りが起きた箇所をきちんと修理してもらおうと思って、できるだけ安く作業をしてもらえる屋根の修理業者を探しています。
周辺の屋根業者をネットで調べていると、見積りも現地調査も無料で行ってくれる業者が複数見つかって、どこに依頼すべきか悩んでいるところです。
現地調査をしてもらう際に、こちらが信頼できる業者かどうかを判断するポイントや、こんな業者には依頼しない方がいいということなどがありましたら是非教えて欲しいです。


回答

調査の時間や説明の仕方に注意しましょう。


現地調査の仕方は、そのまま実務に反映されますので、無料だとしてもどのようにして調査を行っているかを確認することはとても大事な屋根業者選びのポイントです。
まず調査にかける時間ですが、10分程度で調査が終わってしまう場合は、その時点で依頼を断った方がいいでしょう。
数分で調査を終えて、調査結果を報告してくるような業者は論外で、そのような場合は悪徳業者である可能性が極めて高いです。
信頼できる優良業者は、少なくとも30分、長いと2時間以上も調査に時間をかけます。
正確な見積金額を出すためには、必ず屋根の上を点検することはもちろんですが、古い屋根や状況によっては、見た目だけでは分からない構造体の部分まで丁寧に調査しなければいけません。
調査をした後の説明の仕方もポイントで、詳しい説明は後日見積書を作成したときになるケースもありますが、優秀な屋根業者はその時点で分かる屋根の状態を、素人にも分かりやすく根拠をもって細かく説明してくれます。
聞いても分からないような専門用語を平気で使用してくるような場合は、説明にかける時間が長くても、思いやりのない業者である可能性が高いです。
撮影した写真を見せながら説明してくれるかどうかも、信頼できる屋根業者を選ぶ大きなポイントになります。

PageTop