業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

ガルバリウムの屋根はメンテナンスが不要って本当?

マイホームを建てるにあたり、家の見た目を決める大事な要素は外壁だと思い、外壁についていろいろ調べていると、メンテナンスフリーのガルバリウム鋼板を発見しました。
まだ施工会社は決定していませんが、ある業者に尋ねたところ、ガルバリウム鋼板は外壁だけではなく、屋根材にも使用できて、最近では最も人気が高く、多くの方は新築の住宅のメンテナンスフリーの屋根材として選択しているということですが、ガルバリウムを屋根材や外壁にすれば、本当にメンテナンスは不要なのでしょうか?
ガルバリウム鋼板のメリットやデメリットを詳しく教えてください。


回答

メンテナンスフリーの屋根材は存在しません。


確かにガルバリウム鋼板は、錆びにくく長持ちするのが特徴で、外壁や屋根材としてメンテナンスフリーと謳って使用をすすめている業者がいることも事実ですが、今のところ、完全にメンテナンスが不要な外壁も屋根材も、この世の中には存在していません。
したがって、ガルバリウム鋼板をメンテナンスフリーと伝えるような業者には、家の建設を任せない方がいいでしょう。
ガルバリウム鋼板は、鉄合金の板に金属メッキ加工を施したもので、亜鉛だけでメッキしているトタンに比べるとかなりの高性能です。
ガルバリウム鋼板のメリットの1つは、錆びにくいことで、トタンと比較すると錆びにくさは数倍以上とされています。
もちろん絶対に錆びないということはなく、外壁や屋根は年中雨風や太陽の光にさらされているので、必ず定期的なメンテナンスが必要になります。
立地環境によっても異なりますが、ガルバリウム鋼板はそれ以外の金属に比べて寿命が長く、20?30年はもつと言われています。
きちんとメンテナンスを行うことで、それ以上もたせることも可能です。
ガルバリウム鋼板は軽量なので、耐震性も高いこともメリットです。
金属は重いことが特徴ですが、ガルバリウム鋼板の軽さはその薄さからきています。
薄い分、それ自体に高い断熱機能を持たないことがデメリットとも言えます。
ただし、その分は断熱材によってカバーすることができます。
ガルバリウム鋼板を使用すると、施工費やメンテナンス費用も高くなることも、デメリットの1つです。
ガルバリウム鋼板の屋根材や外壁はとてもデリケートであるため、施工技術がある業者を選択しなければいけません。

PageTop