業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

スレート屋根のメリットとデメリットを教えてください

最近、自宅の屋根をリフォームしたいと考えていて、いろいろと調べてみたところ、スレート屋根というものがあることが分かり、こちらを用いて屋根の葺き替えをしてもらいたいと考えています。
そこで、事前に知っておくべきだと考えたため、スレート屋根のメリットとデメリットについて詳しく教えてください。

回答

普及量が多く軽くて加工しやすいメリットと割れやすいデメリットがあります


スレート屋根とはセメントによってつくられた屋根材のことであり、幅広い住宅に使われていて、一般的には化粧スレートといわれており、屋根葺き替えのときには一番最初の選択肢として挙げられることが多いでしょう。
スレート屋根のメリットとして軽くて加工がしやすくシンプルなデザインとなっており、どのような住宅にもしっかりとフィットさせることができるため、悩んだときには無難な選択の一つとしてスレート屋根を検討してみるとよいでしょう。
重さとしては瓦屋根の半分程度の軽さとなっており、耐震性を高めることができるため、リフォームの際に瓦屋根からスレート屋根に葺き替えするというケースも少なくありません。
スレート屋根は普及量が多いため、多くの業者がスレート屋根の葺き替えの工事を経験したことがあり、スレート屋根の施工に対応可能な業者が多いという点もメリットとなっており、工事や修理などを頼むときにも安心できるでしょう。
スレート屋根はつくるときにどんな素材を混ぜるかによってさまざまな種類が存在しており、それぞれ性質が異なっているため、要望に応じて適切なスレート屋根を紹介してもらうことができます。
スレート屋根でも特に高価なものは天然スレートであり、こちらは重厚感があって、高級住宅に使われることが多く、見た目を重視するのであれば、こちらを選ぶとよいでしょう。
ほかには、いろいろな素材を混ぜてつくった人工スレートがあり、こちらはリーズナブルなのが特徴となっていて、石綿スレート屋根や無石綿スレート屋根、セメントスレート屋根といった種類が存在します。
デメリットとしては割れやすいという性質があって、ひび割れしてしまうケースがあり、この場合は補修をする必要があるため、定期的にメンテナンスをしなければいけません。
屋根材にはスレートだけではなくて瓦や金属なども存在していて、それぞれ特徴が異なっていて、メリットもあればデメリットもあるため、屋根材を選ぶときには、何を重視するかによって適したものが変わってくるため、希望する条件をよくまとめてから選びましょう。

PageTop