業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月27日 [FAQ]

屋根の葺き替えを依頼する際の注意点とは?

家を建ててもらった工務店から、屋根は塗装工事などの定期的なメンテナンスが必要なことは聞いていました。
家を建てから数年間は、ちょくちょく家の状態を無料で診にきてくれていて、良いところで家を建ててもらったと喜んでいたのですが、その後工務店の棟梁が病気で倒れてしまい、しばらくは息子さんが棟梁に代わって仕事を続けていましたが、棟梁が亡くなった翌年には、工務店を廃業してしまいました。
それからは、家の不具合が出ても頼るところがなくなり、その都度トラブルに対応してもらえる専門業者を自分たちで見つめて修理や器具の交換などをしてもらってきましたが、屋根に関しては普段から目の届かない場所で、メンテンスが必要なことは承知していましたが、お金にもそれほど余裕があるわけではなかったので、何とかなると思ってこれまで見て見ぬふりをしてきました。
しかし先日雨漏りが発生してしまい、すでに家を出ている息子に相談すると、雨漏りをしているということはかなり状態が悪いから、屋根の葺き替え工事が必要になる可能性が高く、すぐに業者に診てもらうように言われてしまいました。
屋根の葺き替え工事を依頼する際の注意点を教えてください。


回答

葺き替え工事のプロフェッショナルを見つけましょう。


屋根の葺き替え工事を依頼する場合は、工務店やリフォーム会社や建設会社などではなく、屋根を専門にしている業者に依頼しましょう。
加えて、屋根を専門にしている業者にも、塗装専門、修理専門など、得意分野がありますので、葺き替え工事を専門にしていて、必ず長年修行をした職人がいることを確認しましょう。
屋根業者によっても、自社が得意としている屋根材と、そうでないものがあります。
特に瓦屋根など特殊な屋根材の場合は、施行実績もしっかり確認して、自分が葺き替えしてもらいたい屋根の材質もきちんと確認した上で業者選びを行いましょう。
大手なら安心だと思って、安易に業者選びを行う方も多いですが、大手の場合は下請け業者に丸投げして、結果的に工務店やリフォーム会社に依頼した場合と同じように、中間マージンを自分で負担する羽目になることもありますので、必ず自社で施工することを確認した上で依頼先を決めましょう。
屋根の葺き替え工事とは、今まであった屋根材を剥がして新しい屋根に張替えることを指しますが、古い屋根の上に新しい屋根を重ねる重ね葺き工事もありますので、工事内容の確認も忘れず行いましょう。

PageTop