業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月24日 [FAQ]

屋根の葺き替え工事かどうかのチェックポイントは?

私には双子の兄がいて、偶然ですが結婚した年も一緒でして、その後3年してから家を建てましたが、私が兄に家を新築することを伝えると、兄もちょうど家を建てるために展示場巡りをしていることが判明して、さすがに施工会社は違いましたが、ほぼ同じ時期に家を建てました。
それからもう20年以上経ったわけですが、先日兄から今度屋根の葺き替え工事をすることになって、もしもお前のところもまだ一度も屋根のメンテナンスをしていないなら、自分が工事をしてもらう知り合いの業者を紹介してあげると言われたのですが、屋根の葺き替え工事をするには結構な費用がかかることが分かり、確かにまだ一度も屋根塗装などのメンテナンスをしていないので葺き替え工事が必要なのか心配しているのですが、葺き替え工事が必要かどうかを見極めるチェックポイントと、必要な場合のベストな業者選びの方法があれば教えてください。


回答

見た目で異常がある場合はすぐに点検を。


屋根は定期的にメンテンスを行わないと、寿命を縮めることになり、長く放置していると屋根全体を丸々交換する葺き替え工事が必要になることもあります。
屋根の葺き替え工事が必要になるチェックポイントは、見た目で天井に雨シミができていたり、天井に汚れやカビが広がっていたり、屋根部分から異臭がしていたり、雨が降った後でも家の中に湿気が残っている場合は、すぐに専門業者に屋根の状態を診てもらった方がいいでしょう。
そもそも20年以上メンテナンスをしていないということですので、すぐに屋根業者に連絡しましょう。
屋根の種類によっては、葺き替え工事でなくても、塗装工事や補修工事や、表面だけのリフォーム工事で問題を解決できる可能性も十分にあります。
最近では無料で屋根の点検をしてくれる業者も増えているので、そのような業者を選ぶといいのですが、20年以上メンテナンスをしていないということですので、何もしなくていいという可能性はほぼ0なので、それよりも、できるだけ葺き替え工事などの実績の多い業者をピックアップして、1社だけではなく複数社から見積りを取ることをおすすめします。
知り合いの業者に最初から依頼すれば、どうしても断りにくくなってしまうので、最初は他の業者に問い合わせてから、金額や対応を比較してみるといいでしょう。

PageTop